絵画/油絵/油彩画作品販売お支払い・配送についてご注文方法お問い合わせ販売店/ショップの紹介ご利用規約杜の未来舎ホーム

絵画/油絵/油彩画作品の販売コーナー>>油彩画作家 馬渡裕子の紹介

ボッシュの絵画さながらに過剰な食欲への罰か、山盛りのクリームの中にめり込んでしまった動物たち、パゾリーニの映画のワンシーンを思い出させる空中に浮遊する男、また、ダリの燃えるキリンに似て嘆息のように火炎を吐き続けながら歩き続ける熊……馬渡裕子の作品は、特殊な感覚と魂のフィルターがなければ、現実には遭遇することのないミスティックな「何か」との出会いを画いているが、それは一方で確かにわたしたちの潜在的な生のリアリティーをも穿っていて、私達の凡庸な心を捉えて離さない魅力を持っている。かってシュルレアリストに引用された古いテーゼ「絵画とは喚起の術、魔術的な操作である」(C.ボードレール)を思い出させる作品である。ただし、それは無意識の闇に潜む「何か」かも知れないなどと深読みをし過ぎると、作家の予想外の素直さに出会って戸惑うばかりとなる。彼女の作品は繊細な技術の集積にしっかり裏打ちされた良い意味でのポップさ(軽み)、深い表層も持っているのである。
その絵の造形的特徴は中心のキャラクターが単体である場合に顕著である。たとえば「アントン」という作品の奇妙な形をした足の表現を含むマニエリスティックな形態のおもしろさ。微妙なしぐさが時間を静止させ、両義的な謎をなげかける表現は、彼女が好きだというバルチュスの絵から会得したものだろうか。しかし、形態と空間のリズミカルな使い方はもっと日本的なもの、むしろ桃山時代に頂点を持つ襖絵の世界を思い起こさせる。イメージ的な絵画が流行する中、古風なまでに物静かでイコノグラフィカルな、そして私達が生きる日常世界への巧まざるユーモアとクリティックを含んだ彼女の作品はますます蠱惑的である。